2009年04月17日

指の食感

現地を五感で味わうのが旅

シンガポールで、フィッシュヘッドカリー(FishHead Curry)を食べに行った時

FishHeadCurry1s.jpg

バナナの葉の上にご飯が盛られ、カレーが器に入りきた。
周りの現地の人達は右手でご飯とカレーを混ぜ、口に運んでいる。
ボーイがスプーンとフォークを用意してくれたが、右手で食べることをトライした。
ご飯をコネ、カレースープと混ぜ合わせ口に運ぶ。
最初は上手くいかず、口からこぼれる。
すこしづつ上手く食べれるようになり、
今までに経験したことのない触覚を味わうことになった。

カリー.jpg

クチャクチャ、ズルズル、ヌルヌル、ペタペタ。
これくらいの擬音しか浮かばない。
シンガポール、タイ、インド、マレーシア、インドネシアの素手で食事をする人達にもっと適切な語彙があるかもしれない。

我々日本人には食べ物の匂い、味覚について細かく言い表すことが出来るが、
触覚と味覚を結びつけた言葉がない。

食欲を刺激するのに、
口の中の味覚だけでなく、素手で食べ物を直接触れる悦びがある。
素手で食べ物を直接口に運び、
噛んでいるとより味覚を深く味わい旨味がジワーと感じる。

東南アジアは素手こそが食事のマナーだ。
料理が食べやすく、おいしく食べられればいい。

タイ僧の食事s.jpg

そういえば、日本ではお鮨を手で食べますね。
そこに本当の旨さがあるのでしょう。


*五感ー視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚

この記事へのお問い合わせはこちらまで
tel.gif
posted by 石五郎 at 19:02| ローマ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Gr:[グルメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月03日

新しい旅スタイルWeb旅程表(その3)免税で得しよう

ワールドバリューの当たり前の旅程表が
本物の現地情報をリンクするWeb旅程表〜
旅行に行かなくても気分はドップリ浸れる
このWeb旅程表があればネ!

第3回は忘れず免税で得しようというお話し。



第6日目
4月21日(火曜日)

 朝食:ホテル

    パリの街を自分の足で歩いてみる

DOC21398_20050926091619.jpg  BM_20070814061628684.npf.jpeg
  ★パリを気ままに歩くための情報
    フランス政府観光局公式サイト Paris
    パリ・グルメ 
    オペラ座―サントノーレ周辺
    シャネル  
    ルイヴィトン    
    ルブタン     
    
付加価値税(VAT)免税手続きをお忘れなく!
1軒の店での買い物総額がEUR175以上、店によってはEUR305以上、15歳未満の子供はEUR90以上の場合13〜18.6%の付加価値税の払い戻しを受けることが可能です。

1)買い物の際、DETAXE(免税措置)の依頼をし、パスポートを提示の上、所定の申告書に必要事項を記入してもらいます。

2) 2枚組の書類を免税手続きカウンターにて購入した商品と共に提示し、スタンプを押してもいます。

3) 緑色の控えは自分の記録のために保存し、その他は店からもらった封筒に入れて税関横にあるポストに投函してください。現地CASHを受け取る場合は到着階、両替カウンター(アメリカンエクスプレス)にて払戻し

4) 2〜3カ月以内に免税額から手数料を差引いた金額の小切手が郵送されてきます。

※DETAXEのカウンターは大変混雑するので、空港での時間は余裕を充分に取り、チェックインの前に早目に手続きを行って下さい。
※パリでトランジットの際にDETAXを行う場合は、いったんフランスに入国してください。その場合の乗継ぎ時間は通常の場合よりさらに1時間以上余裕をもって下さい。
※DETAXEの手続きは、日本出発前の最後のEU諸国で行ってください。

paristouristoffice1.jpg
    セーヌ河クルーズ     
18:45 シティラマ社オフィス集合
    2 Rue des Pyramides 75001 PARIS
    *桟橋までのバス往復は日本人係員がご案内します。

19:00 バトーパリジャン・ディナークルーズ
    Bateaux Parisiens Dinner Cruise
BateauxParisiensMap.jpg

乗船手続 午後 7:00〜8:15
  出航 午後 8:30
  帰港 午後11:00
乗船・下船場所 エッフェル塔近く PORT DE LA BOURDONNAIS 7番桟橋

バトーパリジャン・ディナー・メニュー
(ご紹介中のメニューは、3月31日までのものです。
4月1日より、メニュー変更の可能性がございます。)
前菜(一品お選びください)
スモークサーモン、刻んだチコリと黒大根のサラダ ミモザドレッシング仕立て
鴨のフォアグラのコンフィ、イチジクのチャツネと煮詰めたポルト酒のソース
ホタテ貝柱とポワローネギのエチュヴェ、トリュフ風味
甲殻類のヴルーテ、カプチーノ仕立て、オマール海老とジロル茸のソテー

メイン(一品お選びください)
スズキのカリカリステーキ、ムール貝とレモンのソース添え
鴨の胸肉のグリル フォアグラのソース添え
アンガス種牛のステーキ コショウソース添え
チキンのロースト セップ茸ソース添え

*プルミエ・コース: チーズとデザートの両方を召し上がれます。
(下記から1品選択)
*エトワール・コース、セレクト・コース: チーズもしくはデザートのどちらかを召し上がれます。
(下記から1品選択)

特選チーズの盛り合わせ、ドライフルーツパン添え

デザート(一品お選びください)
スゼット風クレープ、グランマルニエでフランベしたオレンジ風味バターソース
"クルスティ・バトー"、チョコレートとプラリネのケーキ
アーモンドミルクのパンナコッタと洋ナシのポシェ スパイスの効いたサングリア添え
コーヒーとピーカンナッツのタルト、アラビカコーヒーアイス添え

白ワイン(250ml)
赤ワイン(250ml)
ミネラルウォーター
コーヒー


23:00 エッフェル塔近くの桟橋からバスにてホテル近くへ(日本人係員)

 宿泊ホテル
 PAVILLION LOUVRE RIVOLI パビリオン・ルーブル・リボリ 
 20 Rue Moliere 75001 Paris



第7日目
4月22日(水曜日)
 
 朝食:ホテル

    自由行動

12:00 ホテルチェックアウト

14:30頃オペラ座発ロワッシー・バスを利用して
    シャルルドゴール・ターミナル2Fで降車。

15:30 シャルルドゴール ターミナル2Fにてチェックイン
cdg.gif
    ターミナル2F施設概要[フランスツーリズム旅行情報局]
 
    免税手続
    目印はこの看板ですゾ!
    CDG2_detaxe.jpg


18:00 シャルルドゴール・ターミナル2F発 AF296にて
    *AF296便は日本航空と共同運航便です。機材は日本航空です。

飛行時間:11時間50分


第8日目
4月23日(木曜日)

12:50 中部国際空港 着   入国手続き。





お疲れ様でした〜
ローマ・パリの旅はいかがでしたか。
えっ、まだ行ってないって?


この記事へのお問い合わせはこちらまで
tel.gif
posted by 石五郎 at 12:47| ローマ | Comment(0) | TrackBack(0) | Tm:[旅の素] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月27日

新しい旅スタイルWeb旅程表(その2)本物の現地情報を

本物の現地情報をリンクするのがWeb旅程表〜
ガイドブックの情報なんて古すぎる
このWeb旅程表があればネ!

ワールドバリューが普通にお客様に差し上げてるWeb旅程表を紹介します〜
第2回目は現地滞在中の情報が満載。



第3日目
4月18日(土曜日)

 朝食:ホテル(アメリカ式朝食)

ローマから日帰りでナポリとカプリ島を訪れます。

07:00 VASTOUR集合       
    VASTOUR TERMINAL
オプショナルツアーの集合場所
Via Piemonte, 34 Rome
07:15 VASTOUR 出発


    ナポリ・カプリ・アナカプリツアー(昼食付)

 ナポリ[Wikipedia]
 「ナポリを見てから死ね」と言われるほど美しい町です。
Napoli.jpg Capli2.jpg 400px-Capri_Lazurowa_Grota.JPG

ナポリの沖合に浮かぶカプリ島そして青の洞窟へ
 カプリ島[Wikipedia]
 青の洞窟[Wikipedia]

20:30 VASTOUR TERMINAL 着

 宿泊ホテル
 HOTEL SAVOY ホテル サボイ
 Via Ludovisi 15, 00187 Roma, ROM(Latium) Italy
 Tel +39-06421.551 - Fax +39-0642155.555
HotelSavoy1.jpgHotelSavoy2.jpg


第4日目
4月19日(日曜日)

 朝食:ホテル(アメリカ式朝食)

ローマよさようなら、パリへ向かいます。
テルミニ(中央駅)から列車「レオナルド・エクスプレス」で空港へ。

07:30 ホテルチェックアウト
    タクシーでテルミニへ

    TERMINIテルミニ

【1階】      
termini1F.jpg

【地下】
 terminiB.jpg                            

空港からテルミニまでノンストップ32分で結んでいるのがレオナルド・エクスプレス。料金は1等しかないため8.80ユーロとやや高い。更にテル前で買うと何故か10ユーロ以上するので事前に自動券売機か売店で買っておくとよい。または、空港線ホーム正面の階段を降りるとタバッキがあり、そこは8.80ユーロ。
LeonardoExp.jpg

                 
 (出発時間の確認は現地で再度お願いします)

08:06 テルミニ 発 レオナルド・エクスプレスLEONARDO EXPRESS
08:37 フィウミチーノ・エアロポルト 着 ターミナルAへ。
      
FCOmap.jpg   
    ターミナルA フランス航空にて受付
    AF9835便はアリタリア・イタリア航空との共同運航便です。
    その為ターミナルAでのフランス航空チェックインになります。

10:50 フィウミチーノ・ターミナルA 発 AF9835
    飛行時間:2時間10分
13:00 シャルルドゴール・ターミナル2F 着
   (名古屋からパリ到着した時のターミナルです)

ドゴール空港からパリ市内へはバスが便利。乗り方も簡単です。

    ロワッシー・バス ROISSY BUS

乗降場所と運行ルート

    オペラ座 ロワッシーバス乗降場所
RoissyBus.jpg

 宿泊ホテル
 PAVILLION LOUVRE RIVOLI パビリオン・ルーブル・リボリ 
 20 Rue Moliere 75001 Paris
 PAVILLION_LOUVRE_RIVOLI.jpgPAVILLION_LOUVRE_RIVOLImap.jpg

ルーブル美術館に行ってみようか〜

    400px-Louvre_2007_02_24_c.jpg

開館情報
美術館の開館時間は以下の通りです。
−月・木・土・日:9時−18時
−水・金:9時−21時45分(夜間開館)。2008年8月15日(金)は18時まで開館いたします。
−休館日:毎週火曜日と以下の祝祭日(2008年1月1日、5月1日、11月11日、12月25日)
−無料観覧日:毎月第一日曜日
ピラミッド中央入口およびカルーゼル・ギャラリー入口からのアクセスは火曜休館日を除き、9時から22時までです。
パッサージュ・リシュリュー入口は火曜休館日を除き、9時から18時まで、ポルト・デ・リオン入口は火曜休館日と金曜日を除き、9時から17時30分までご利用いただけます。

LOUVRE_2.jpg         
9ユーロ
ルーヴル美術館(ナポレオン・ホールでの企画展を除く)とウジェーヌ・ドラクロワ美術館のチケット。当日限り有効。


 パリ情報
 フランス政府観光局 
 パリ市観光局    



第5日目
4月20日(月曜日)

 朝食:ホテル

07:00 シティラマ社オフィス集合
    2 Rue des Pyramides 75001 PARIS
07:15 出発

    モン・サン・ミッシェル1日観光(昼食付)


大きな地図で見る

モン・サン・ミッシェル[Wikipedia]

Mont Saint Michel Official Site英語・仏語

Portal of Mont Saint Michelすごい情報サイト。日本語もあります。

MontStMichel3.jpgMontStMichel4.jpg

21:00 パリ 着


 宿泊ホテル
 PAVILLION LOUVRE RIVOLI パビリオン・ルーブル・リボリ 
 20 Rue Moliere 75001 Paris




どうです〜旅のイメージがすごくハッキリしてきませんか。
事前に情報を得るということは安心につながるんですね。


さて次回は、帰国に際して免税で得しようというお話です。
ご期待下さい。


この記事へのお問い合わせはこちらまで
tel.gif
posted by 石五郎 at 18:10| Comment(0) | TrackBack(0) | Tm:[旅の素] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

新しい旅のスタイルはWeb旅程表で(その1)

わかってしまえば全然平気なの〜
飛行機の乗り換えだって実はとても簡単
このWeb旅程表があればね!

これは、ワールドバリューが普通にお客様に差し上げてる旅程表です。今週から3回に分けてお届けします〜

二人のヨーロッパ


第1日目
4月16日(木曜日)
      
08:30 中部国際空港セントレア3階
フランス航空(AF)カウンターG/Hにて受付。
centrair.jpg
           
 ご注意事項:
 *名古屋/パリ・パリ/ローマ2枚の搭乗券を受取る
 *ローマまで荷物を預ける
 *液体持込制限
  

 出国検査に進みます
centrairCIQ.jpg

10:00 中部国際空港 発
   AF295便にて
   *AF295便は日本航空と共同運航便。機材は日本航空です。
    飛行時間 :12時間35分
    日本航空機内サービス案内  

15:35 パリ シャルルドゴール空港ターミナル2F

乗換えです。
CDG2.jpg

   シャルルドゴール空港の乗換え案内


 ご注意事項: 
 *AF2104便ローマ行きのゲートを確認する
 *AF地上係員がご案内しています。

16:40 シャルルドゴール空港ターミナル2F発
   AF2104にて
   飛行時間 2時間5分
   フランス航空の案内 

18:45 ローマ・レオナルドダビンチ/フィミチーノ空港ターミナルB着
FCO.jpg

 ご注意事項: 
 *名古屋で預けた荷物を受取る
 *ロビーで専用車のドライバーが掲示板を持ってお出迎えします。
 *ドライバーに「バウチャー(クーポン)」を渡す。
 *宿泊ホテルのフロントでホテル・バウチャー(ホテル確認書)を
  提示ください。

 宿泊ホテル
 HOTEL SAVOY ホテル サボイ
 Via Ludovisi 15, 00187 Roma, ROM(Latium) Italy
 Tel +39-06421.551 - Fax +39-0642155.555
HotelSavoy1.jpgHotelSavoy2.jpg


第2日目
4月17日(金曜日)

 朝食:ホテル(アメリカ式朝食)

おお!ローマ たっぷり堪能しましょう
roma.jpg

 イタリア政府観光局(ENIT)
 政府観光局のサイトが充実しています。イタリアの情報ならおまかせ! 
 イタリア政府観光局(ENIT)基本データ 
 ビザ、通貨、電圧、電話、気候、etc. 旅行者必見情報
 ローマ♪最新情報'09ITALIA
 ローマ市内の最新情報をファッショナブルに提供している

 食いしん坊はここをチェックしておこう
 グルメ・ショッピング
 ぐるなび海外版 イタリア ローマ レストラン・飲食店検索
 ぐるなびはスペイン広場周辺ベネト通り周辺もあります。
      
 宿泊ホテル
 HOTEL SAVOY ホテル サボイ
 Via Ludovisi 15, 00187 Roma, ROM(Latium) Italy
 Tel +39-06421.551 - Fax +39-0642155.555




旅の不安はWeb旅程表で解消
乗り換え情報も現地情報も、
Webのリンクでたっぷり提供

これがあなたの旅程表です

ワールドバリューが提案する
安心と安全が旅のスタイル

(おいおい、ちょっとポップすぎるコピーだぜい)

tel.gif
posted by 石五郎 at 07:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Tm:[旅の素] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年03月20日

これっくらい自分たちでやらなきゃ旅行の醍醐味ないよね!

例えばローマ
空港はこんなに離れているんだよ、とGoogle Mapで作った
プランを見ながら説明した。


大きな地図で見る

ローマ到着は夜だからここだけは出迎えを用意しましょうか。
二人合わせて1万円ちょっとです。
でもローマを出るときは列車がお勧めです。

ローマのホテルは候補を4つマップに入れときました。
特別にお値打ちな4つ星ホテルもあります。

3泊で6万円ということは1泊あたり一人1万円。

どのホテルからも、
スペイン広場、トレビの泉、テルミニ駅に歩いて行ける。
一流ブランドのコンドッティ通りにも気軽にどうぞ。

恥ずかしながら、
我々も添乗員時代に位置関係が頭に入っていなかった。
大型観光バスで市内を回るから土地感ができない。

このマップを見れば、歩けるんだ〜ってよくわかるでしょ。

例えばパリ
パリ到着はお昼ですからリムジンバスで全然問題ありません。

ホテルは8つ候補に上げました、ちょっと多いですか?
オペラ座界隈、ルーブル、エトワールと
行動の中心をどこに置くかで選んでみて下さい。

モンサンミシェルへのバスツアーCityrama Parisの集合場所は
ルーブルの近くです。

グーグルマップとWeb情報に知りたい事が一杯
これは情報の大海原を航海する羅針盤かな
(ちょっと大げさやなあ)
自分たちだけの日程表を創り上げれるんだもんね。


じっくりと旅行を練り上げて、
旅の醍醐味をしっかり味わえる内容なのに、
パッケージツアーより安く出来たんです。


4月に出発する現在進行中のお話です。


グーグルマップとWebを活用して一緒に旅を創っていく。
お客様に必要な情報はすべてオープンする。

ワールドバリューの日常的な仕事のスタイルなのですが
お客様から
「これっくらい自分たちでやらなくちゃ旅行の醍醐味ないよね!」
と言われました。

ああ、これは普通の旅行会社がやらないことなんだ。



「これっくらい自分たちでやらなくちゃ」おさらい

・予定を立てる
・公共交通機関を活用する
・歩く距離は歩く
・ホテルを選ぶ
・地理を知る
・予定をこわす


ご質問はこちら
tel.gif
posted by 石五郎 at 17:26| Comment(0) | TrackBack(0) | Tm:[旅の素] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。