2009年07月14日

夏の涼しさ

足の震えが止まらない
THE SEARS TOWER SKYDECK

蒸し暑い日が続きます。
シカゴの友人からヒィヤーとする写真が届きました。

シカゴにある110階建ての超高層ビルーシアーズ・タワーThe Sears Towerは、442m(アンテナを含めると529m)の高さを 誇る米国で最も高いビルです。

SearsTower001.jpg

その103階の展望室に、スカイデッキと呼ばれる突き出たガラス張りの展望台が新設されました。

SearsTower002.jpg

SearsTower003.jpg

高所恐怖症でなくとも、体のどこかが、「キュウー」となってしまう。

SearsTower004.jpg

シアーズSearsは、かって世界最大の百貨店であったが、1990年代に入って拡大した事業の不調により凋落したため、繁栄のシンボルであった本社ビルを売却した。その後もビルの名前として残ったが今年夏にウィリスタワーWILLIS TOWERと改名する。

展望台行きのエレベーターは15ドル。

シカゴのお越しの節は是非お立ち寄りください。


tel.gif
営業日 月〜金(祝日は除きます)
営業時間 10:00〜18:30
ラベル:シカゴ 展望台
posted by 石五郎 at 11:52| ハノイ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Ss:[景観] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年02月21日

スコットランドを巡る極上の旅は列車で 

ザ・ロイアル・スコッツマン
THE ROYAL SCOTSMAN Edinburgh, Scotland

最大乗客数が36名の世界でも有数の豪華列車 − ザ・ロイアル・スコッツマンは、ほとんど使われてない線路を走るエドワード朝様式の豪華な列車で、豪奢な邸宅や個人所有の城を訪問するため停車しながら、山間や谷間を走り抜ける。

Royalscotsman1.jpg

スコットランドのハイランド地方を眺めるのに、これほど素晴らしい方法はないだろう。

Royalscotsman3.jpg

客室はスコットランドをモチーフにした寄木細工の贅沢なつくりになっている。

Royalscotsman13.jpg
Royalscotsman4.jpg

また、本格的なスコテッシュ・ブレックファーストからスモークサーモン、仔羊のあばら肉など、地元の素材を生かしたディナーにいたるまで、キッチンから運ばれてくる料理は絶品。グルメ列車でもある。

Royalscotsman8.jpgRoyalscotsman9.jpg

ワインのセレクションも素晴らしいが、それを更に上回るウイスキーのテイスティングは忘れがたい。

時期は5月から10月。

コースは
CLASSIC a 720マイル4泊、
WESTERNa660マイル3泊、
HIGHLANDa540マイル
がある。

Royalscotsman10.jpgRoyalscotsman12.jpg  
WESTERN                CLASSIC

いずれもエジンバラ・ウエバリー駅からで、キルトをまとったバグパイプ奏者の出迎えを受け出発する。少々お高いが、それだけの価値はある。

Royalscotsman2.jpg

オリエント急行が運営しています。
ORIENT EXPRESS HOTELS TRAINS & CRUISES


tel.gif

The Royal Scotsman

posted by 石五郎 at 07:03| Comment(0) | TrackBack(0) | Ss:[景観] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

夫婦喧嘩を終わらせる極楽ホテル 3

日本人がゆっくり旅行が出来たと感じるのは、
名湯&美食&景観美 この3つが揃えば良い。

いいえ、

それに大人のための洗練された空間があればなお良い。

そんな極楽ホテルが日本から近い台湾・烏来(Urai)にありました。

SPRING PARK URAI Spa & Resort

まずはご覧あれ

springpark011.jpg

柔らかな天蓋に包まれたベッドから
渓谷の川や滝、森が一望にできる。

springpark012.jpg

天然の温泉で寛いだ四肢をあやしながら、
深い夜の眠りを享受してください。

springpark003.jpg springpark007.jpg

このなまめかしいコンセプトに
私はうなってしまいました。

springpark018.jpg


Location: 台北県烏来郷堰堤3号
Accomodation: 23室
ACCESS:台北駅より車で約50分
手配:ワールドバリュー/ワールドバリューツアーズ

tel.gif

夫婦喧嘩は必ず終わります。
posted by 石五郎 at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Ss:[景観] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

夫婦喧嘩を終わらせる極楽ホテル 2

THE LALU Sun Moon Lake
ザ・ラルー(日月潭涵碧樓) 台中/台湾

まずはご覧あれ!!!

lalu.jpg

建築デザイナーは「アマンリゾート」で名を馳せたケリー・ヒル。南アジアのリゾートで世界中の女性を歓喜させた彼の才能は、ここ台湾の山深い地でも遺憾なく発揮されている。

lalu_LakeView.jpg lalu_GardenVila-pool.jpg

早朝、目の前に薄っすらと現れたのは、サン・ムーン・レイク。白んできた空が、濃いピンクからオレンジへ、そして金色へ変わり太陽が顔を出すまでのドラマチックな朝焼け。湖面には朝靄が漂い、墨絵のような情景が繰り広げられる。

sunmoonlake_dawn.jpg

贅沢な敷地にはホテル棟とスパ棟が建っている。
部屋数は96室。
最初に「涵碧樓」を建てたのは、1916年に日本人でした。
台湾が中華民国になってからは、日月潭をこよなく愛した蒋介石の避暑別荘になりました。

sunmoonlake_sunset.jpg


湖に面した南東の高台という明るい立地はリゾートとして価値を高めています。
lalu_pool_lake.JPG

台湾有数の贅沢さを誇る「スパ」では台湾式足裏マッサージや指圧エステのほか伝統的なショウガ風呂や鍼灸、流行のメンズ・エステ等が揃っている。


少々お高いですよ。
これで仲直りできない場合はご連絡ください。弁護士をご紹介いたします。

tel.gif

ご予約ご手配はワールドバリューツアーズへどうぞ
posted by 石五郎 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Ss:[景観] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月02日

夫婦喧嘩を終わらせる極楽ホテル

リフェルアルプ・リゾート2222m RIFFELALP RESORT 2222M
(ツェルマット/スイス) 5ツ星

riffelalp1L.jpg
極楽ホテルからのパノラマ(左半分)

riffelalp1R.jpg
極楽ホテルからのパノラマ(右半分)

アルプスの名峰マッターホルンを眼前に臨むリゾートホテル。
まるで一枚の絵画のような銀嶺をベットに寝たまま堪能。

人生観が変わる。

夫婦喧嘩してるあなた!
何があったか知りませんが、
仲直りする気があるんなら舞台用意します。

まずはご覧あれ。

ホテルの正面(上のパノラマのちょうど反対側)
riffelalp_overviewL.jpg

日々表情を変えるマッターホルン
riffelalp_matterhorn.jpg  riffelalp_matterhorn2.jpg  riffelalp_matterhorn3.jpg
前景は冬でも泳げる屋外温水プール。

室内プールにボーリング場
riffelalp_pool.jpg  riffelalp_bowling.jpg
吹雪いた時も楽しめる5つ星のおもてなし。

雪景色
riffelalp_winter.jpg  riffelalp_entrance.jpg
吹雪のあとは銀世界ってことも。

なんで喧嘩してたのか忘れてしまうでしょ。

[Location:]
 ゴルナーグラート行きの登山列車の途中駅。Riffelalpで下車。
 (真っ赤なトロッコが出迎え、ホテルに案内します)
[Accomodation:]
 スイート64室、アパートメント2室。
[RATE: ]
 スイスフラン390〜1240 (2名様使用1部屋あたり)季節料金あり。

2分毎に更新されるライブWebカメラ映像はこちら
日本より7時間遅れています。午後にご覧いただくと良いでしょう。

極楽ホテルの予約はワールドバリュー/ワールドバリューツアーズ

tel.gif
posted by 石五郎 at 14:21| Comment(0) | TrackBack(0) | Ss:[景観] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。