2009年05月08日

少数山岳民族が創る楽園SAPA

ハノイから400Km
列車で10時間
標高1500m

sapa_map.jpg

高原の避暑地サパには、モン族、ザオ族など少数民族の村が点在する。

around_sapa.jpg

まるで芸術作品のような棚田。

sapa4.jpg

sapa2.jpg

美しい民族衣装を身にまとう子供たち

sapa3.jpg
美しい写真がSapaLuxuryTravel.comで見られます。

専門ガイドが同行するトレッキングツアーで少数民族の村を訪問する。

極楽ホテルは、VICTORIA SAPA RESORT & SPA

victoriasaparesort.jpg

サパへは豪華な寝台列車で行く。
夜9時半に出発し目が覚めたら到着。

VICTORIA EXPRESS TRAIN

victoriaexpress.jpg

1月にベトナムを訪問された方が「次は絶対にサパ!」と言ってこられた。ちょうど旅程を作成しているところなんです。→サンプル旅程はこちら

お客様の声がいちばんの羅針盤です。
調べるほどに魅力が湧き出ます。


この記事へのお問い合わせはこちらまで

tel.gif
posted by 石五郎 at 19:25| ローマ | Comment(3) | TrackBack(0) | Cl:[文化] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
川田きし江さんの地球スケッチ紀行「ウ・セオ・セオ」に楓の霊の胡蝶を祖とする白モン族の話しがありましたね。
Posted by 深見勇人 at 2009年05月10日 23:24
サパは懐かしいと川田さんがおっしゃってました。
美しい刺繍はそれぞれの民族の誇りだそうですね。

Posted by 徒然 at 2009年05月14日 09:50
今ワールドバリューの溜まり場で
川田きし江さんの原画展をやってますが、
民族衣装を着た白モン族の少女たちの絵が
ありましたね。

籠を担いで鳥かごを持って〜
仕事をするのが楽しそうで…
Posted by 石五郎 at 2009年05月15日 14:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。