2008年08月16日

スペインで知ったワインのソーダ割り

お盆です。酷暑中お見舞い申し上げます。

まだまだ暑い日が続きます。
北京オリンピックが開催され1週間が経ちました。
熱い声援で一段と今年は暑くなりました。

だから暑気払い。

私は『ワインのソーダ割り』です。

 ◇レシピ◇
 ・大き目のグラスに半分くらいワインを注ぎます。
 ・氷を3〜4片入れ、ソーダを加える。濃さはお好みで。
 ・ワインは安いのに限る。赤白どちらもイケます。
 ・ソーダは甘味のない炭酸水がワタシ好み。
 ・旨いんだなこれが。

Tinto_de_verano.jpg
WIKIPEDIAで見つけたとても美味そうなTinto de veranoの写真

ある夏スペイン旅行中、レストランで赤ワインを頼んだ時
「ストレートにするか、ソーダ割りにするか」と聞かれ驚いた。

Tinto de verano 夏の赤ワイン

ワインが生活の一部である夏のヨーロッパでは一般的なこと。
ある意味感動。

「ワインは飲みたいが、あまり酔いたくない」
「とにかく冷たいものを飲んでノドの渇きを癒したい」
そんな時にドンピシャ!

お試しあれ!!


ワインは上品なものっていう日本人の固定観念をひっくりかえす
美味さ、楽しさ、

だから旅行はヤメられない。

tel.gif

クソ暑い時にワインなんて飲みたくない!
とおもったら、こいつを思い出してほしい。

ちなみに、白ワインのソーダ割りは
スプリッツァーという。

ググッて見つけたスプリッツァーのレシピ
↑ググッて見つけたスプリッツァーのレシピ。炭酸はダイエット効果があるんだって!

ワインはフランス、スペイン、イタリアだけじゃない
オーストリア、ルーマニア、ブルガリア、ハンガリー、etc.

夏のヨーロッパに行って
旨いワインのソーダ割りを飲むってのも
ハートにとびきりの贅沢だな。
posted by 石五郎 at 05:39| Comment(2) | TrackBack(0) | Gr:[グルメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
「ワインのソーダ割り」とても美味しそうですね。わたくしは下戸なので昔飲めない同僚と飲みに行きビール一本で二人が酔っ払い、他の同僚に「あんたたちは安上がりでいいね」と笑われたことがありました。

ですからワインをソーダで割って飲むなんてことはしばしばでしたが、「邪道」とコケ下ろされそうなので他に話したことはありませんでした。今回のメルマガを見て胸をなでおろした次第です。

スペイン人のおおらかさに「乾杯」です!(さすがシエスタを習慣とするお国柄、楽しくっていいですね) やはり飲めない別の同僚に「赤ワインをファンタグレープで割ってのむと美味しいね」と話したら、「白ワインをジンジャエールで割って飲むのもありだよ」と返されたのにはとても嬉しかったし、早速試したものです。安いワインで、というのにも納得、大体下戸が買うようなワインは一本500円がせいぜいなのです。

ところで最近、沢木耕太郎という方のエッセイにとても興味をひかれました。彼は度々海外旅行に出かけるのですが、いつも住まいのある田園都市線の最寄駅から相互乗入れをしている地下鉄半蔵門線で水天宮まで出て、そこから箱崎のエアシティターミナル出発のリムジンバスに乗り成田に向かうのだそうです。

昔はそこに各航空会社のチェックインカウンターや土産物屋がありにぎわっていたのだそうですが、最近は成田への交通事情がよくなり箱崎を利用する客が激減、様相が一変したそうです。つまり、うら寂れた感があると。

しかし彼はその今となっては時間のかかる不便なルートを変えずあえていつも利用しているとか。それはオレンジのリムジンバスに乗り込んで成田に向かうまでの1時間を「日常から非日常の世界に入る旅の序章として味わう」ためなのだそうです。普段と変わりない街の景色を眺めながら、どんなに忙しくても、その日常とおさらばして旅に出る、そうした時間に身をおくことがこの上なく楽しいのだそうです。

これこそ旅の達人と感じました。

旅が始まる瞬間…人によっていろいろと違うのでしょうが、旅を楽しく奥行き深いものにするのはその人次第、ということでしょうか。ちなみにわたくしの場合、旅は「旅をしたい」と思った瞬間から始まっています。そして懐かしいアルバムに綴られた写真を見返し、思い返す度、また旅が始まるのだと感じています。
Posted by 小鬼 at 2008年08月20日 01:10
小鬼さんの楽しいコメントにお礼を申し上げます。
(ずいぶん遅くなりましたが)
読み返して、あ〜沢木耕太郎が登場していた〜って思いました。ボクは最近になって「深夜特急」を読みハマってしまいました。まさに旅の達人ですね。その沢木耕太郎が旅は初めての旅がいちばんいいなんていってるのがまた面白いなあと思いましたね。


Posted by 石五郎 at 2009年06月17日 08:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。