2008年12月26日

今年は変だった?それとも変化?

-- WE CAN CHANGE --



今年の世相を現す漢字は「変」でした。

変.jpg
写真詳細

良くも悪くも変化の多かった一年でした。

どうも20世紀の常識が次から次へと崩壊し、
21世紀の新しい価値が形成されつつあるように思える。

20世紀の常識・システムは量を作り競争すること。
21世紀の良識・システムは質を求め共生すること。

正に今変化の時。すべては必ず変わる。

継続可能な変化を「良い加減」で続けましょう。

YES WE CAN
obama.jpg
写真詳細

President-Elect Barack Obama in Chicago


YES WE CAN - New Approaches - Entertainment - EMMY WINNER

日本語字幕付きはこちら



良い年をお迎えください!!


tel.gif
posted by 石五郎 at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | Tm:[旅の素] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

地球スケッチ紀行「ウ・セオ、セオ」

感動する

旅とは何かと問い続けてきた私に、今年は素晴らしい出会いと一つの答えを得ることが出来ました。

バルト3国の旅行を持ち込まれた「川田とし江」さんのメールマガジン
「地球紀行」を購読するにつれ、あまり馴染みの無い土地を訪問された
絵と文から人の温かさが伝わり、ワクワクする感動を経験しました。

メールマガジン「地球紀行」の原画展をワールドバリュー「溜り場」での開催をお願いしました。多くの人達から賞賛のお言葉を頂きました。

この絵と文が一冊の本になりました。

作家 生駒忠一郎氏の鉛筆とその奥様 川田とし江さんの絵筆をそれぞれの手に、二人が出逢った驚き、ふれあい、感動!の地球スケッチ紀行「ウ・セオ、セオ」(風媒社発行)が発売されました。
useoseo01.jpg
この本には旅の神髄がある。

是非一読してください。

ワールドバリューツアーズ 大塚幸雄


今回は川田さんのご好意で最近の作品4点をご覧いただきます。文章もメールマガジン「地球紀行」から抜粋しました。

isfahan.jpg
 女性の衣裳チャドルは,半円形に仕立てられている。国籍,
信仰を問わず,公の場では毛と身体のラインを覆う衣服を着る
ことが義務付けられていて着用しないとモスクや宮殿などに入
ることができない。

Rumania.jpg
 民族音楽はどの国にもあるが、踊りが大好きな民族であり、
ステップや回転の早さには驚く。ほとんどの踊りは生活との結
びつきが強く、昼間の踊り(カルーショ)は、村の中で,(イエ
レ)は夜,村のはずれの森や沼など、秘密の場所で行われ、人
生の重要な場面や年中行事には,必ず踊りが行われている。

heidelberg.jpg
 フランクフルトから南へ75キロ、ネッカー川の岸に沿って
赤い屋根瓦の町が続く。対岸の緑深い森に囲まれ,ハイデルベ
ルグ城はどっしりとしたたたずまいで、丘をのぼると市街を一
望することができる。

korea.jpg
 突然,けたたましいラッパや太鼓の音が静寂を破り鳴り響いた。
黄色い衣裳の楽隊が城門をくぐり行進してくる。続いて青色の旗
のぼりを持つ若者,赤茶色のくさり甲冑の荷役武者が轡をきしま
せながらの長い行列と、まるで色あざやかな時代絵巻の再現であ
った。

「ウ・セオ、セオ」アフリカ・マリ国ドンゴ族の言葉
「ウ・セオ」(元気かい)
「セオ」(元気だよ)

「ウ・セオ、セオ」原画展をワールドバリュー「溜り場」で開催します。
2009年1月5日(月)−2月6日(金)1000−1830 無料

川田とし江直筆サイン入り地球スケッチ紀行「ウ・セオ、セオ」を「溜り場」で販売しています。定価(本体1,500円+税)

tel.gif
posted by 石五郎 at 06:33| Comment(0) | TrackBack(0) | Tm:[旅の素] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

本物のサンタがやってきた

先週金曜日のこと、突然サンタがやってきました。
クリスマスにはまだ早いですが、世界中を回っているので、
12月なら運がいいそうです。

「サンタクロース・ファンデーション」の公認サンタは12人。
そのうちの一人なんです。だから本物です。

santa_otsuka.JPG
サンタさんから子供しかもらえないチョコレートを
プレゼントされました。
(不良中年の大塚)

santa_kuroda.JPG
人生にビタミンを!
そんな旅行をいっしょに創りましょう。
(ゴスペルを歌うのが趣味の黒田)

santa_sako.JPG
いつでも気軽に遊びに来てください♪
笑顔でお待ちしております(*^。^*)
(グルメな酒向)

ちょと早いですが。

みなさん、メリー・クリスマス。

来年は事前に連絡してねとサンタさんにお願いしました。
連絡があったら皆さんにもお伝えしますね。


■ワクワクなお知らせ

アクティブシニアの会が自然発生的にできましてね
-- 旅行だけじゃないんです --

いろんな方がいます。
共通しているのは皆さんが知的好奇心の持ち主ってことでしょうか。
誰かが面白い旅行したら、その話をみんなにきかせるとか
絵画や写真を発表する方もいますよ。

リタイアするとさみしいんです。だから
シンプルに生きる不良におなりなさいって皆さんに言うんです。

もうすぐ、みなさんにご案内できると思います。

乞う、ご期待!

まったく変わった旅行会社だなあ〜

tel.gif
ラベル:本物のサンタ
posted by 石五郎 at 19:43| Comment(0) | TrackBack(0) | Cl:[文化] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月06日

いつも世界のどこかで

世界のお正月 NEW YEAR'S DAY

日本にだって旧正月があります。
世界のお正月がどうなってるかちょっと調べてみました。

たとえば、アフリカ最古の王国エチオピアは9月11日がお正月、
1年は13か月です。1年に2度お正月を楽しみたい人はエチオピアへ
行きましょう。(笑)

Alicha_1.jpg
これはインジェラというエチオピアの料理 。お正月にも食されます。

エチオピアのお正月Enkutatashは一年で一番良い季節。雨期が終わり
太陽が輝やく。草木は緑をたたえる収穫の時でもあります。
シバの女王をエルサレムから迎える日と伝えられています。

お正月料理もいろいろです。
ドロワット(エチオピア)
dorowat.jpg
水餃子(中国、北京)
Shrimp_jiaozi_and_xiaolongbao_in_Kobe_by_OpenCage.jpg
トック(韓国)
toku.jpg

こんなにいろいろ、世界のお正月

欧米 1月1日 (多くの国はグレゴリオ暦の初日がお正月)
イスラエル 9月5日より後(年によってちがう)
ギリシャ正教会 1月14日 (ユリウス暦の1月1日)
コプト正教会 9月11日
エチオピア正教会 9月11日
中国暦 1月21日〜2月21日の間の新月の日(春節)
チベット暦 1月〜3月の間で移動
インド、タミル・ナードゥ州・ケーララ州 4月13日か14日
インド、デカン高原 3月と4月の間  
インド、パンジャブ 4月13日
バングラデシュとインド、西ベンガル州 4月14日から15日
タイ 4月13日〜15日
スリランカ 4月13日か14日
カンボジア・ラオス 4月13日から15日
ネオ・ペイガン 11月1日あたり
グジャラート人 11月中旬
シク教 3月14日
バリ島 10月1日
イラン 春分3月21日
イスラム暦 12太陰月、354日なので、グレゴリオ暦と11日違う
アッシリア暦 春分3月21日
バハーイー暦 春分3月21日


わお〜年中、世界のどこかでお正月だ。

お正月にちなんで月から見た地球の日の出はいかが
kaguya073.jpg

かぐやアーカイブ|アースウォッチャーでビデオも見られます。


posted by 石五郎 at 00:58| Comment(0) | TrackBack(0) | Cl:[文化] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。