2008年10月31日

イスラムの世界じゃクスリだった

ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ JERES de La Fronteraは、
シェリーの呼び名の発祥地。

ヘレスはアラビア語で「シェリッシュ」。フロンテーラは、スペイン語で「国境・境界線」。キリスト教とイスラム教の勢力争いの境界線上にヘレスが位置していた。という歴史からこのSHERRYの名がついたんです。

紀元前1000年前に遡るシェリー造りは、アルコール製造を禁止していたイスラム教支配下では医療目的で認められていたそうな。

日本で最もよく聞くシェリー酒は、「TIO PEPE ティオペペ」は、町の中心の大聖堂とアルカサール(城塞跡)に隣接するシェリー醸造所「ゴンザレス・ビアス Gonzalez Byass」で造られます。

GonzalezByassCompany.jpg GonzalezByassRoad.jpg

シェリーの樽はワイン樽に比べ倍以上の容量500リットルあり、重さは樽だけで100キロにもなります。

シェリーはワインですが、何年ものというヴィンテージ表示はありません。

GonzalezByassBarel.jpg a_WebDSC00841.jpg

酒蔵に入れば、何層にもこの大きな樽が積み重ねられている。
樽の層の最上層には最も若いワイン、そして下に行くに従い熟成の進んだ層になる。完成品は常に最下位の樽。この樽から一度に3分の1以上取り出すことは無い。減った分はすぐ上の層のワインで満たす。
−−−−だからヴィンテージはないんです。


そしてシェリーを寝かせておいた樽は、空いた樽にウィスキーを入れておき、これがなんとも素晴らしく熟成されたイギリスの上質のスコッチウィスキーになる。

シェリーは、なんとも人類に奉仕するワインであろうか。

感謝!!!  乾杯!!! Ole!!!

Gonzalez Byass ゴンザレス・ビアス
GonzalezByassYard.jpg NapaValleyVineyard.jpg


tel.gif
posted by 石五郎 at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | Gr:[グルメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

オブリガード・ポルトガル(6)

伊藤さんご夫妻のポルトガル旅行記第6回。
今週もマデイラ島を楽しんでください。

madeira11.jpg
Serra de Agua山小屋風ロッジで休憩。大型バスの駐車場はない。
外で木の机・椅子に座りビカ(1杯0.8ユーロ)を飲む。
少し肌寒いが新鮮な外気に触れ、Rico do Joge 1692mと
Casado1723mの山頂そして下界に見える海を見ながら飲む
コーヒーは最高。

madeira10.jpg
Fncumeada1007mには観光バス・自家用車がたくさん止まっていた。
山の峠でマデイラ島の南側と北側の海が見える風光明媚な場所。

madeira12.jpg
広大なFontesの森、木々の間を通り、時には広大な平坦な場所、

madeira13.jpg
鷹などの鳥がたわむれ木々は小さく一帯が草原のような場所、
そこは雲海の上である。

madeira14.jpg
下っていく道中、放牧された牛が草を食べていた。
牛注意の道路標識が時折ある。


旅程リスボン→ポルト→ドウロ川(リード)→ブサココインブラ→ナザレ→リスボン→エボラ→フンシャル(マデイラ島)→ファロ→リスボン



tel.gif

旅支度から旅行記まで、
旅は3倍楽しみましょう。
posted by 石五郎 at 23:18| Comment(0) | TrackBack(0) | Tm:[旅の素] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

マゼランのかわりに世界一周した酒

ヨーロッパ南端スペイン・アンダルシアの太陽と海風を受け、
シェリーという名のもとで造られる葡萄酒。

シェリーと呼べるのは、イベリア半島南端の3つの町
ヘレス・デ・ラ・フロンテーラ Jerez de la Frontera
プエルト・デ・サンタマリア El Puerto de Santa Maria
サンルーラル・デ・パラメダ Sanlucar de Barrameda
を結ぶ三角地帯で造られるワインに限定される。


大きな地図で見る

サンルーラル・デ・バラメラは、大航海時代世界一周を成し遂げた
マゼラン艦隊の母港。

200px-Nao_Victoria.jpg
ビクトリア号の復元船

5隻の艦隊は417の革袋と253の樽に入ったシェリーを持ち出港した。3年の歳月が経ち、母港に帰還できたのは一隻のみ。その帰還した船にはシェリーが残っていた。マゼラン船長が成し得なかった世界一周をシェリーが成し遂げた。

サンルーカル・デ・バラメダは今は漁師町。
冷えた土地のシェリー酒マンサニージャManzanillaを一口、キリリとした口当たりでのどにスーっと抜けていく。

sanlucar_de_barrameda_panoramicaS.jpgsherry1.jpg
SANLUCAR DE BARRAMEDA Bodegas Hidalgo La Gitana

シェリーは、美味い海鮮料理を目の前にし、これから始まる食事の楽しみの水先案内人として申し分ない。

お楽しみあれ!!!

tel.gif
posted by 石五郎 at 18:52| Comment(0) | TrackBack(0) | Gr:[グルメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月22日

オブリガード・ポルトガル(5)

伊藤さんご夫妻のポルトガル旅行記第5回。
マデイラワイン、マデイラ刺繍が有名なマデイラ島の巻。

Madeira1.jpgMadeira2.jpg
ラヴラドーレス市場は2階建てで花を売る女性は民族衣装を見につけている。野菜や果物がところ狭し並べられている。そこでオレンジ3個・イヨカン3個・小さな桃3個合計3.6ユーロ払う。

Madeira3.jpgMadeira4.jpg
市場の近くのマデイラ刺繍の専門店Patricio&Goubeiaに行き刺繍を買う。一言で高い、なんでこんなに高いのか私には理解できない。べトナムの刺繍で十分ではないかと思う。店の中に工場があり工場見学をする。2階は絵柄の設計。3階は麻・綿などの生地に絵をのせ、青い染料で上からなぞる。4階は多くの女工さんがおり絵付けされた布を女性が刺していく。この工程が見学できる。

Madeira5.jpg
港まで歩き、ヨット・ボートの見えるレストランで食事。4軒の店が並んでいるうちの1軒でオバサンが進め上手。メニューの中に「たちうお」「かつお」があり、その店に決めた。たちうおの頭のスープ、黒たちうおのフライ、たちうおとバナナ1本添え、えび・いかの串刺し、ハーフワイン(14ユーロ)合計55ユーロ払う。美味しく満腹です。

Madeira6.jpg
Porleia(標高669m)から海岸の眺めはすばらしく、山の中の家々と空の青、立っている場所から急に海岸に下り、まさに山の頂にいるような錯覚を受ける。

Madeira7.jpg
ここもトレッキングコースになっている。露天では根の付いた草花が売られていた。そこから自動車は海岸まで下り、海岸の遊歩道を20分散策。

Madeira8.jpgMadeira9.jpg
Poiso(標高1413m)→Pico de Arieiro(標高1818m)で2番目に高い山に登る。我々は雲海の上におり、周りの山も雲海の上に連なっている。一番高い山はPico Ruivo(標高1862m)で近くにあるが雲に隠れて見えなかったが、3時間かけ登るトレッカーの姿が見える。


旅程リスボン→ポルト→ドウロ川(リード)→ブサココインブラ→ナザレ→リスボン→エボラ→フンシャル(マデイラ島)→ファロ→リスボン



tel.gif

旅支度から旅行記まで、
旅は3倍楽しみましょう。
posted by 石五郎 at 22:54| Comment(0) | TrackBack(0) | Tm:[旅の素] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月18日

終着駅は始発駅-- ハリー・ポッターの旅 --

ハリー・ポッターがホグワーツ(HOGWARTS)魔法学校に旅立った駅は
ロンドン・キングス・クロス(London Kings Cross)駅。

300px-Kings_Cross_Station_Platforms%2C_London_-_Sept_2007.jpg

魔法学校行き列車「ホグワーツ・エキスプレス」はフラットフォーム
93/4番線から発車してます。

ロンドン・キングス・クロス駅は、日本では幕末の1852年造られ、
シンプルで上品なルネサンス風デザインで人気が高い駅です。

1386244620.jpg
Kings_Cross_ILN_1852.jpg

隣接するセント・パンクラス(St. Pancras)駅は巨大な
ゴッシク建築だけに対照的です。
このセント・パンクラス駅は現在ユーロスター(EURO STAR)
パリ・ブラッセル方面の発着駅になっています。

ch_ext.gif
StPancras.jpg

キングス・クロス駅は北行き、スコットランド・エジンバラへ
向けインター・シティー(IC)が頻繁に発車します。
一説にはホグワーツ魔法学校がスコットランドのどこかに
本当に存在するらしいです。

PDVD_024s.JPG

現在ロンドン・キングス・クロス駅のフラットフォーム
93/4番線は実在します。
そして、日々夢と希望を持った資格者達がホグワーツ
魔法学校に旅立っています。

300px-KingsCrossStationTrolley.jpg

貴方も仲間入りしませんか? 年齢と資格?? 
それは知りません!!

キングス・クロス駅の360度パノラマ

tel.gif
posted by 石五郎 at 07:09| Comment(0) | TrackBack(0) | Cl:[文化] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。