2008年08月29日

本を旅する

人が旅に出る理由はさまざま。
多くの人を旅に誘った本がある。

私が旅に関し影響を受けた本を思い出して見ます。

○60年代
 小田 実 
「何でも見てやろう」


○70年代
 五木寛之 
「青年は荒野をめざす」


○80年代
 藤原新也
「全東洋街道」上  「全東洋街道」下   「アメリカ」


「メメント・モリ」


○その後
 開高 健
「オーバ!」    「もっと遠く!」


 沢木耕太郎
「深夜特急」


 玉村豊男
「旅する人」 「パリ 旅の雑学ノート」 「ロンドン 旅の雑学ノート」



 辺見 庸
「もの食う人びと」


 小沢征爾 
「ボクの音楽武者修行」


 金子光晴 
「どくろ杯」


20代に最も影響を受けた森本哲郎
「文明の旅―歴史の光と影 」 「そして文明は歩む」



貴方の旅に影響した本を教えてください。

その旅の本だけにある興奮、知性を発見し、
自分に合った旅を探してみませんか。。。。


相談相手はワールドバリュー。


tel.gif
posted by 石五郎 at 18:38| Comment(0) | TrackBack(0) | Cl:[文化] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月28日

夫婦喧嘩を終わらせる極楽ホテル 3

日本人がゆっくり旅行が出来たと感じるのは、
名湯&美食&景観美 この3つが揃えば良い。

いいえ、

それに大人のための洗練された空間があればなお良い。

そんな極楽ホテルが日本から近い台湾・烏来(Urai)にありました。

SPRING PARK URAI Spa & Resort

まずはご覧あれ

springpark011.jpg

柔らかな天蓋に包まれたベッドから
渓谷の川や滝、森が一望にできる。

springpark012.jpg

天然の温泉で寛いだ四肢をあやしながら、
深い夜の眠りを享受してください。

springpark003.jpg springpark007.jpg

このなまめかしいコンセプトに
私はうなってしまいました。

springpark018.jpg


Location: 台北県烏来郷堰堤3号
Accomodation: 23室
ACCESS:台北駅より車で約50分
手配:ワールドバリュー/ワールドバリューツアーズ

tel.gif

夫婦喧嘩は必ず終わります。
posted by 石五郎 at 06:32| Comment(0) | TrackBack(0) | Ss:[景観] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月23日

海外で探す新しい人生

どこか懐かしくて、実に多様なアジアの国々で心豊かに生きる。
リタイアした生活のひとつかもしれない。

ロングスティーの海外生活は勧めない。
余りにも光と影が在り過ぎる。

ちょっとロングバケーションとして海外で暮らすことをお勧めします。


コタ・キナバル KOTA KINABALU, MALASIA
 アジアのハワイでゴルフ三昧。
spl_golfclub_overview.jpg
Sutera Harbour Golf Course

ハノイ HANOI, VIETNAM
 専門知識を生かす人生。
 経済発展を支える日本の頭脳とハート。
hanoi_16.jpg
Hanoi Travel Guide and Travel Information - Lonely Planet

リシケシュ RISHIKESH, INDIA
 ガンジスの聖地でヨガの神髄に触れる。

Rishikesh Beatles Ashram

台北 TAIPEI, TAIWAN
 極上中華の都でグルメ修行。
「夜市場」の喧騒で食の快楽に浸る。
taipei_night_market.jpg
大台湾旅行ネット

城南&高陽 KOREA
 山中のアトリエもソウルのアート街もすぐそこ。
 緑豊かな新都市で芸術家ライフ。

プネ PUNE INDIA
 バンガロールと並ぶ高原の文教都市で。
taipei_night_market.jpg
Pune-Aga_Khan_Palace

バンコク&アユタヤ BANGKOK & AYUTHAYA, THAILAND
 ムエタイと象使いに夢中。
muethai.bmp

ルアンプラバン LUANG PRABANG, LAOS
 今から数十年前のアジアの町が持っていた感触が蘇ります。
LUANG PRABANG.JPG LuangPrabang.jpg

幾つになっても夢中になれるものがあるといい。

tel.gif


posted by 石五郎 at 06:29| Comment(0) | TrackBack(0) | Cl:[文化] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月16日

スペインで知ったワインのソーダ割り

お盆です。酷暑中お見舞い申し上げます。

まだまだ暑い日が続きます。
北京オリンピックが開催され1週間が経ちました。
熱い声援で一段と今年は暑くなりました。

だから暑気払い。

私は『ワインのソーダ割り』です。

 ◇レシピ◇
 ・大き目のグラスに半分くらいワインを注ぎます。
 ・氷を3〜4片入れ、ソーダを加える。濃さはお好みで。
 ・ワインは安いのに限る。赤白どちらもイケます。
 ・ソーダは甘味のない炭酸水がワタシ好み。
 ・旨いんだなこれが。

Tinto_de_verano.jpg
WIKIPEDIAで見つけたとても美味そうなTinto de veranoの写真

ある夏スペイン旅行中、レストランで赤ワインを頼んだ時
「ストレートにするか、ソーダ割りにするか」と聞かれ驚いた。

Tinto de verano 夏の赤ワイン

ワインが生活の一部である夏のヨーロッパでは一般的なこと。
ある意味感動。

「ワインは飲みたいが、あまり酔いたくない」
「とにかく冷たいものを飲んでノドの渇きを癒したい」
そんな時にドンピシャ!

お試しあれ!!


ワインは上品なものっていう日本人の固定観念をひっくりかえす
美味さ、楽しさ、

だから旅行はヤメられない。

tel.gif

クソ暑い時にワインなんて飲みたくない!
とおもったら、こいつを思い出してほしい。

ちなみに、白ワインのソーダ割りは
スプリッツァーという。

ググッて見つけたスプリッツァーのレシピ
↑ググッて見つけたスプリッツァーのレシピ。炭酸はダイエット効果があるんだって!

ワインはフランス、スペイン、イタリアだけじゃない
オーストリア、ルーマニア、ブルガリア、ハンガリー、etc.

夏のヨーロッパに行って
旨いワインのソーダ割りを飲むってのも
ハートにとびきりの贅沢だな。
posted by 石五郎 at 05:39| Comment(2) | TrackBack(0) | Gr:[グルメ] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

夫婦喧嘩を終わらせる極楽ホテル 2

THE LALU Sun Moon Lake
ザ・ラルー(日月潭涵碧樓) 台中/台湾

まずはご覧あれ!!!

lalu.jpg

建築デザイナーは「アマンリゾート」で名を馳せたケリー・ヒル。南アジアのリゾートで世界中の女性を歓喜させた彼の才能は、ここ台湾の山深い地でも遺憾なく発揮されている。

lalu_LakeView.jpg lalu_GardenVila-pool.jpg

早朝、目の前に薄っすらと現れたのは、サン・ムーン・レイク。白んできた空が、濃いピンクからオレンジへ、そして金色へ変わり太陽が顔を出すまでのドラマチックな朝焼け。湖面には朝靄が漂い、墨絵のような情景が繰り広げられる。

sunmoonlake_dawn.jpg

贅沢な敷地にはホテル棟とスパ棟が建っている。
部屋数は96室。
最初に「涵碧樓」を建てたのは、1916年に日本人でした。
台湾が中華民国になってからは、日月潭をこよなく愛した蒋介石の避暑別荘になりました。

sunmoonlake_sunset.jpg


湖に面した南東の高台という明るい立地はリゾートとして価値を高めています。
lalu_pool_lake.JPG

台湾有数の贅沢さを誇る「スパ」では台湾式足裏マッサージや指圧エステのほか伝統的なショウガ風呂や鍼灸、流行のメンズ・エステ等が揃っている。


少々お高いですよ。
これで仲直りできない場合はご連絡ください。弁護士をご紹介いたします。

tel.gif

ご予約ご手配はワールドバリューツアーズへどうぞ
posted by 石五郎 at 00:14| Comment(0) | TrackBack(0) | Ss:[景観] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。