2008年05月30日

世界3大「がっかり」

 コペンハーゲンの人魚姫
1030_321.jpg

 ブラッセルのションベン小僧
bru_p7.jpg

 シンガポールのマーライオン
merlion.JPG

ある時期、私は一年に150日くらい海外に出ていました。
まだ若く(今でも若いですが)行く土地土地でいろんな文化に触れ
いつも感動していました。

期待が大きく、最初にその場に行ったとき落差に唖然としたことも。

 旅に出る前の期待が大きければ大きいほど
 「がっかり」の度合いが大きい。

と、知っていながらまた旅仕度を始める。
期待の微調整をしながら。。。

そしてその土地にはその土地の旨いものが必ずある。

 コペンハーゲンの人魚にがっかりし、
  ニシンの酢ずけとアクアビットの旨さに
Aquavit_linie.jpg


 ブラッセルのションベン小僧にがっかりし、
  チョコと上澄みビールの旨さに
HP07gAmerPies.jpg
beer-en.gif

 マーライオンにがっかりし、
  フィッシュ・ヘッド・カリーの旨さに
muthucurry.JPG

感嘆・脱帽。。。。


だから旅は面白い。

posted by 石五郎 at 19:01| パリ 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | Ss:[景観] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月24日

地図を持って旅にでよう!! その2

フェニキア人地中海を行く


紀元前10世紀頃の地中海を謳歌していたのはフェニキア人たち。
現在のレバノンに拠点をおき西へ勢力を拡大していきました。


コルシカ島Corsicaはイタリア名、コルスはフランス名、
いずれも「森林の多い」という意味。
コルシカは2700m級の山々がそびえ、
かってはその名の通り密林の島だった。

サルディニア島Sardegnaはサルド(足跡)、
その島に初めて上陸したことを記念して命名された。
古くからイワシ漁で有名。サーディンSadineの語源にもなった。

パレアレス諸島Balearesは「西アジアの豊穣神バールBaleの島々」

バルセルナBarcelinaはギリシャ人が建設した都市だったが、
紀元前230年カルタゴのバルカ将軍が占領し、
名をバルシノナ(バルカ家の町)とした。

マジョルカ島はラテン語で「大きな島」。
シュロの木(パルマ)が生い茂っていた首都パルマ・デ・マジョルカは大きな島のシュロの木が茂ったところ。

マラガMalagaはマラカ(仕事・塩)が転訛した。

リスボンLisbonはフェニキア語のアリス・イポAlis-ibbo(良港)が
ローマ時代にOlisipoに転訛し、Lisbonになった説が有力です。

ローマ人からポエニPoeniと呼ばれたカルタゴ人は前146年、
ローマとの数度にわたる戦いののち滅びた。
ポエニはラテン語でフェニキア人のこと。


大きな地図で見る

いやはやフェニキア人は偉大ですね。


[地中海豪華クルーズは気軽に楽しめますよ]

royalcarib.JPG

ヨーロッパ旅行の途中に地中海の豪華クルーズをお勧めします。
飛行機・ホテル・食事・その他の経費を考えるとかなりの安さです。
豪華クルーズを利用して本物の旅を創りましょう。

世界最大規模の客船会社ロイヤル・カリビアンROYAL CARIBBEANの
ヨーロッパクルーズをお勧めします。
http://www.royalcaribbean.jp/cruise/rci/index.do


詳細は海外クルーズに詳しいワールドバリューにお尋ね下さい。

tel.gif




posted by 石五郎 at 06:57| パリ ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Cm:[地名] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月22日

地図を持って旅にでよう!!

地名は歴史を伝えるタイムカプセル

紀元前10世紀頃の地中海を謳歌していたのはフェニキア人たち。
現在のレバノンに拠点をおき西へ勢力を拡大していきました。

イタリア半島の南、シチリアSicilia「シクリ(鍬をもつ人)」の
州都パレルモPalermoは、古くはパンホルムスと呼ばれていた。

パン(すべての、万能の)とホルムス(碇泊地)で「万能の港」の意味。

その南のマルタ島Maltaは、岩の多い海岸線をもち、船の待避に適した
地形をしていたことから、マルタ(避難所)と呼ばれた。

現在のチュニジアの首都チュニスに近いカルタゴCarthagoは紀元前9世紀にフェニキア人が建設した都市で、フェニキア語のカルト(新しい)とハダシュト(都市)を合わせて、「新都市、ニュータウン」となる。

チュニスTunisはフェニキアの美の女神タニスにちなんだものです。


大きな地図で見る

古代地中海は旅の素の宝庫です。


[地中海豪華クルーズは気軽に楽しめますよ]

ヨーロッパ旅行の途中に地中海の豪華クルーズをお勧めします。
飛行機・ホテル・食事・その他の経費を考えるとかなりの安さです。
豪華クルーズを利用して本物の旅を創りましょう。

costa.jpg

COSTA(コスタ)社コルディア号西地中海クルーズ7日間をお勧めします。詳細は海外クルーズに詳しいワールドバリューにお尋ね下さい。


tel.gif
posted by 石五郎 at 00:01| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Cm:[地名] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月21日

散歩(パセオ:Paseo)は豊かな文化

スペイン人の散歩(パセオ:Paseo)は彼ら独特の日課になっている。

スペインの人たちは今EU諸国の一員として官公庁はEU時間で働いていますが、普通の生活は、昼食が2時くらいからシエスタ(昼寝)を含め3時間、晩めしは9時半ごろから3時間くらいです。

夜中の12時頃のレストランはどこも満席です。
6時半ごろ帰宅し晩めしまで3時間くらいあります。
そこで、そのうち1時間か1時間半を散歩に使います。

しかも、その散歩たるや、これが散歩なんだろうか、
と思われるくらい激しく歩き回る。

RAMBLAS496.JPG
写真提供:スペイン政府観光局

スペインに何日か過ごしていると、パセオという日課が、
いかに愉しく、大切なものか、だんだん分かってきます。

それは、健康のため、晩めしを美味しく食べるため、1日を反省するにも、緊張をとぎほぐすにも、大変有効な行事なんです。

昼寝を含む3時間をかけた昼食、そして、夕刻のパセオの時間。

BOQUERIA.JPG
写真提供:スペイン政府観光局


かくも豊かな午後を過ごす人をながめていると
目的なしに歩くことなど考えられない日本人の心の貧しさを

思い知らされます。


[スペインへのアクセス]

スペインへは日本から直行便は飛んでいません。どこか必ず乗り換えてスペインの各地に入ります。スペインは織田信長時代から日本にとっては一番身近な国です。是非お越し下さい。

ワールドバリューではスペインの詳細情報をもってご案内しております。

tel.gif
posted by 石五郎 at 21:18| パリ ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | Sp:[散歩] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月18日

ブルゴーニュの黄金丘陵を空中散歩

Montagny4.jpgmontagny3.jpg
[Photo :bourgogne montgolfiere]

ブルゴーニュといえばワインの王と称され、
ワインの女王ボルドーと双璧を成す銘醸地ですね。


ディジョンDijonから国道74号を南下してたどるグランクリュ街道。
世界で最も高価なワインといわれる、「ロマネ・コンティ」をはじめ
錚々たる特級畑が名を連ねるコート・ド・ニュイCote de Nuits、
そしてコート・ド・ボーヌCote de Beaune 


ニュイとボーヌを合わせてコート・ドールCote d'Or〔黄金丘陵〕
とよばれています。


なぜ黄金なのだろう、

11151938876FS-ballooning-in-the-skies-.jpg
[Photo : In a hot air balloon]

夕陽を浴びて地平線まで金色に輝く葡萄畑を
空の上から眺めれば理由がわかるんです。

bourgogne.jpg
[Photo : Hot Air Balloon Rides]

コート・ドールのワイン畑の上を空中散歩する
なんて、夢のようなお話しですが夢じゃないんです。

balloon_fog.jpg
[Photo : Hot Air Balloon Rides]

熱気球ツアー


ゆったりと熱気球に乗って空中散歩。
ブルゴーニュの夕陽を浴びながら2時間の空の旅。 

1201785709_montgolfiades.jpg


[ブルゴーニュへのアクセス]

パリParisから南東にTVGで1時間40分、ブルゴーニュの玄関口ディジョンDijonへ。
詳しくは、052-232-5757へお気軽にお問い合わせ下さい。
 

tel.gif
posted by 石五郎 at 02:31| ウィーン ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | Ss:[景観] | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。